FC2ブログ
2019/02/03

ニコンの超望遠「COOLPIX P1000」

ニコンの超望遠「COOLPIX P1000」

4960759148803.jpg


超望遠撮影が楽しめるニコンの「COOLPIX P」シリーズ。その最新モデル「COOLPIX P1000」は、なんと光学125倍ズームだ。ついに3000mm相当となる“眼”を手に入れた同機は、野鳥や月などスーパーテレフォト撮影で大活躍する一台に仕上がっている。

COOLPIX P1000は、レンズ一体型の「コンパクトデジタルカメラ」なのだが、そのルックスはデジタル一眼レフ並みだ。本体を初めて見たら「デカい!」と思うに違いない。しかし、実際に使ってみるとこのサイズ感も納得である。35mm判換算24-3000mm相当のズームレンズを本体に収めるためには必要な大きさなのだ。

 そのことは、実際に有機ELのEVF(電子ビューファインダー)をのぞいて超望遠で撮影すると実感できるはず。手になじむ大きめのグリップのおかげで、遠くの小さい被写体もフレーム内にしっかりと捉えられるのだ。小型軽量すぎるモデルでは本体が安定しないため、こうはいかない。また、デジタルズームとの合わせ技「ダイナミックファインズーム」なら最大250倍、約6000mm相当の撮影も可能となっており、そんな撮影では、補正効果5.0段のデュアル検知光学手ブレ補正が威力を発揮する。


COOLPIX P1000 プロモーションムービー | ニコン

ニコンイメージングジャパン公式チャンネル
2018/08/29 に公開
焦点距離3000㎜、光学125倍ズームの圧倒的超望遠性能を持つ、
Nikon COOLPIX P1000のプロモーションムービーです。


02_l.jpg

株式会社ニコンイメージングジャパンは、レンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P1000」を9月14日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込13万7,700円。

海外で先行発表され話題を集めた「125倍ズーム・望遠端3,000mm相当」のレンズ一体型デジタルカメラ。国内での発売が決まった。

従来モデルの「COOLPIX P900」に比べズーム比が拡大したほか、ホットシューの装備、EVFの高解像度化、RAW記録への対応、操作部の充実など、カメラの基本機能もレベルアップしている。

撮像素子は有効1,605万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。感度はISO 100〜1600(拡張で3200、6400)。連写は約7コマ/秒(7コマまで)。約120コマ/秒で60コマ連続撮影するモードも選べる。

レンズは35mm判換算24-3,000mm相当F2.8-8。最短撮影距離(レンズ前)は広角側で約30cm、望遠側で約7m。マクロAF時は広角側でレンズ前約1cmまで寄れる。手ブレ補正効果はシャッタースピード5段分。

レンズ鏡筒部には、露出補正やISO感度設定などを割り当てられるコントロールリングを新たに備えた。


01_l.jpg

別売アクセサリーで、超望遠域での撮影を助ける「ドットサイト DF-M1」も発売。防塵防滴に配慮した設計で、COOLPIX P1000に限らず超望遠レンズを装着した一眼レフカメラやミラーレスカメラでも使える。本体は折り畳み式。照準マークは3種類のパターン、2種類のカラーから選べる。

06_l.jpg
ドットサイト DF-M1(9月14日発売。税込2万1,600円)

背面モニターは3.2型約92万ドットのバリアングル式。EVFは0.39型有機EL、約236万ドット(アイセンサー付き)。

3,840×2,160/30pの4K動画記録に対応。外部モニターにクリーン出力できる「HDMIクリーンアウト」を新たに搭載した。内蔵ステレオマイクのほか、外部マイクを接続可能。タイムラプス/スーパーラプス向けの撮影機能も備えている。

Wi-Fi/Bluetooth通信に対応。「SnapBridge」アプリでスマートデバイスと連携する。

バッテリーはEN-EL20a。撮影可能枚数は約250枚。

記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。

外形寸法は約146.3×118.8×181.3mm。重量は約1,415g(電池、SD含む)。

別売でBluetooth接続の「リモコン ML-L7」を用意。ズーム操作、動画撮影の開始/停止、MF時のピント合わせなどが可能。

05_l.jpg
リモコン ML-L7(9月14日発売。税込4,860円)
©2018Impress Corporation.本誌:鈴木誠


P1000(ニコン) ニコン デジタルカメラ「COOLPIX P1000」

価格:126,459円
(2018/12/20 23:45時点)
感想(0件)








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント